« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

またもや!

最近私はメガネeyeeyeglass顔になりつつある。

昔から少々目が悪いが、ずっと裸眼を通し、見えない時だけメガネをしていたが、

Mちゃんがお腹に出来た時から、転んだら危ないので常にメガネをするようになった。

なので今では「メガネは顔の一部ですnote」となっている。

そんな”メガネは顔の一部”となってしまった私は、以前メガネをしたままメガネを探してしまった事がある。

あるときはメガネをしたまま顔を洗おうと水をかけることもsweat01・・・(これはよくやるcoldsweats01)。

そして久々に昨日もMちゃんと遊んでいるときに、メガネを手で握ろうとするpaperので、

壊されると思い頭に引っ掛けていたが、引っ掛けていたのを忘れ、メガネがないsign02と必死に探してしまった。

私はまたもやメガネを頭にかけて「おばあさん、メガネはどこじゃsign03」のおじいちゃんになっていた。

頭にあると気づいた時には、これには自分でも苦笑い・・・。

まだボケるには早すぎだろう・・・。

馬鹿だよな~・・・情けない・・・。

でもそういう時は大抵疲れているときが多いので、

今回も疲れているんだと自分に言い聞かせる事にした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

電車での出来事

今日も電車に乗って実家に行った。

最近、実家に近い姉よりも実家に帰っている気がする。

まぁ、シャラdogのためですが・・・。

そして、またまたブログに載せたくなる様な電車での出来事があった。

いつものようにシルバーシート(最近は思いやりゾーンというらしい)に座ると、

隣に初老のような男性が座ってきた。

そのおじさんにMちゃんは待ってましたと超スマイルをした。

こわもてな顔のおじさんが一気に笑顔になった。

そのおじさんに「何ヶ月?かわいいね~。歩くの?重たそうだね~。」などと色々聞かれ、仲良く話しをしていたので、旗からみたら知り合いだと思われる感じだった。

気がつくと、そのおじさんとMちゃんはずっと手を握りあっていた。

隣に座るとMちゃんに触ってくる人はたくさんいる。

このおじさんもMちゃんをかわいいと思ってくれているからだと気にはしなかった。

しかし、「こんなに重いと腰が悪くなるんじゃない?」と聞いてきたので、

「腰より手首が曲がってしまったんですよ」と曲がった手を見せたら、

「見せてみて」と私の手をしばらくの間さすっていた。

思わずギョっとしたが、「僕今整体をやってるんだよね」と言われたので、

職業柄と理解し、あまりいやらしさはないのだろうと思うようにした。

しかし、Mちゃんがいなかったら、こりゃ痴漢行為ではないか?

見ず知らずの男性に人に手をさすられるなんて!

結局終点まで一緒に乗っていたので仲良く?一緒に降りた。

Mちゃんと一緒に乗ると、本当に色々な人に出会う。

これも笑える思い出になるのかな?と思った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

断乳と卒乳

よくブログでも授乳時におっぱいに歯があたって痛い話をするが、

本当に血が出るほど痛いときがある。

そんな時、あと少しで母乳を止めてしまおうかとくじけそうになってしまうが、

母乳は何と言っても栄養満点・・・、そう思うとなるべく最後まで頑張ろうと思い直している。

でも皆はどんなタイミングで母乳を終えるのだろう?と思い、この間、ネットで「授乳・断乳・卒乳」と検索してみた。

その中で、断乳と卒乳という言葉が全く違うものだと初めて知った。

断乳は、赤ちゃんはまだ欲しいのに、母親が母乳を断ち切る事。

卒乳とは、赤ちゃんがもう要らないと自ら母乳立ちする事と言うらしい。

私は断乳と卒乳は一緒だと思っていたが、意味合いが全く違ったので驚いた。

しかし、たくさんの検索結果を見ていると、

ある程度の歳に来たら、虫歯が出来やすくなるので、

断乳をしたほうが良いという人と、精神的な面で、無理に断乳をさせず、

自然に欲しがらなくなるまであげてよいという人がいる。

色々見たがたくさんの回等があり、何を信じれば良いのかわからなくなった。

育て方にも十人十色。

自分がこれだと思うのが正解なのかもしれないと思うしかないなと思った。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

乳歯

Mちゃんは歯が生えるのが早いsmile

今日で丸9ヶ月になったが、上3本、下4本(完全ではないが)生えている。

お陰で授乳の時は、おっぱいに歯があたることが多く、歯を食いしばりながら痛いのを我慢している。

おっぱいは良く飲むし、離乳食も朝晩キッチリ残さず食べるので、さらに大きくなってきた。

体はいっちょ前に幼児になってきているのだが、頭はまだまだ赤ちゃん。

良い事と悪い事はほとんどわからない。

そんなMちゃんに今日思わず泣きが入ってしまった。

夜寝かそうと抱っこした瞬間、肩をガブリsign03

いだいbearing」激痛が肩に走った!

あまりの私の大きな声に、Mちゃんは半べそをかいていたが、

旦那ちゃんに「こいつってばangry」とMちゃんを押し付け、洗面台の鏡で噛まれた所を見た。

すると、小さな歯型と血がにじんでいるではないか!

ツベルクリン反応のように腫れあがっている。

こんな血が出るほど噛めるなんて!

もうっbomb」と怒ったところで、Mちゃんは何だかわからない様子・・・。

甘えて抱きつこうとするが、「しらん!pout」と久々に切れた!

結局大泣きcryingされたので、「痛いでしょ!ゴメンでしょ!」とわからないだろうが

しかりつけ、お互い不に落ちないまま仲直りして寝かしつけた。

しかし、今まで離乳食のときに、一生懸命裏ごししたり、すりつぶしたりしていたけれど、

そんな事をしなくても、あの歯茎の強さなら、そのままでも食べれてしまう気がした。

これも成長の糧なのだろうか?

乳歯といえど、立派な歯なのだと思えた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

若い?どっちが?

昨日Mちゃんと電車trainに乗って家に帰るときのこと。

いつものように、抱っこ紐で抱っこして、ベビーカーを折りたたみシルバーシートに座っていた。

Mちゃんは電車がすき。

座ると即様、手すりをにぎにぎする。

神経質な私には、その触った手を口に入れて欲しくないのだが、Mちゃんはお構い無しにべたべた触った手をしゃぶっていた。

あきらめモードで見ていると、停車駅からスポーツ少年(中学生くらいかな?)がどしどしと入ってきた。

Mちゃん、あまりのお兄ちゃんの数に驚き、ピタっと動きが止まっていた。

シルバーシートなのに、おかまいなしに座る少年達。

しょうがないなあと思っていると、Mちゃん横に座った少年にガンを飛ばすpout

横で見ていた友達の少年に、「若い子ににらまれてますよ・・・。」とその子に言うと、

「お!若いギャルだな!にらめっこか!よし!負けないぞ!happy01」となにやら二人で見つめ合っていた。

しばらくするとMちゃんは、その少年に笑顔をみせ、それを答えるように少年にあやしてもらっていた。

こんなとき私はどうしたらいいのかわからなかったが、

なんともおかしいので黙ってみていた。

私達が降りる際、少年達は「またな!カワイ子ちゃんup」と声をかけ、

私が会釈しその場を降りた。

彼らから見ればMちゃんは若い子という表現はあっているかもしれないが、

私から見れば十分あなた達も若い子ですよと言いたかった。

Mちゃんを連れていると、電車に乗るたびにたくさんの人に話しかけられる。

そのたびにMちゃんは人見知りを克服していく気がした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

少しだけ安堵。

昨日から実家に泊まり、朝一でシャラ(犬)を検査のため、病院に連れて行った。

すぐさま「一日かかりますので、飼い主様は一度帰られて、終わりましたらご連絡します。」と言われ、お願いしますとあずけて家に帰ってきた。

早くても夕方4時以降までかかるといわれ、帰ってからも気が気でなく、

「どうか転移をしていませんように」と祈るばかりだった。

電話が鳴るたびにビクビクしていたが、4時を過ぎたころ病院から電話がきて、

「終わりましたので迎えに来て下さい。」と言われ飛んでいった。

先生の話では、転移はないと言われ、まずは安堵した。

しかし、血液検査の結果、肝臓の数値がかなり高いので手術は厳しいという。

とりあえずは薬で数値を下げて、手術をしたほうがリスクは少ないでしょうという事に。

帰って親に報告し、肝臓の薬を見せると、母親が飲んでいる薬と一緒だったのでみんなで驚いた。

母もC型肝炎でウルソという薬を飲んでいるが、シャラも全く一緒の薬だった。

今は母の肝臓の病気は落ち着いている。

犬は飼い主の病気を変わってくれるという話を思い出し、シャラが母の病気を受け持ってくれているような気がしてしまった。

まずは2週間ほど肝臓の数値を安定させ、手術するようになるだろう。

まだまだ本当の安堵は先になってしまったが、ひとまずホッとした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

人騒がせ

最近実家に行くときは電車trainで行く。

近頃のMちゃんはチャイルドシートに乗せると大泣きしてしまうから。

先日、電車に乗って実家の駅に着いたら、なにやら駅前の商店街に

消防車10台、救急車5台、パトカー数台がサイレンを鳴らし近くのマンションを

囲んでいた。

火事か!と思い、尽かさず私も人ごみの中に。

しかし煙が見えない。

なんだろう?と立ち止まっていたら、一台の消防車が、

「○○町○丁目のマンションの家事は誤報でした。皆さん、火事には注意しましょう」

と言い、一台づつ帰っていった。

こんなにも人騒がせな誤報があるものか?と周りの人達も「何なんだよ!」と

ざわめいていた。

さぞかし、この119番に通報した人は焦ったに違いない。

でも何もなくてよかったなぁと心からそう思えた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おじゃま様でした

今日、旦那ちゃんのお友達(その奥様は私の職場の先輩)の新居house祝い&出産chick祝いに行ってきた。

お互いよく知っているお友達なので気の会うご夫婦happy01paper

先々月に二人目の子供が生まれ、お祝いをしてきた。

うちのMちゃんはまだ赤ちゃんchickだと思っていたが、新生児と比べるとかなりでかく見えたpig

生まれたのはT君という男の子だが、ちっちゃくて可愛かったheart04

上の子は女の子で小学一年生。

しばらく会わなかったが、子供の成長は早いもので、かなりのお姉ちゃんvirgoshineに見えた。

家では手作りプリンと夕飯には手作りピザrestaurant(家族の傑作!写メ撮り忘れた!)をご馳走してもらい、話もはずんで楽しいひと時が過ごせたup

隣の芝生はよく見えるというが、新しいおうちが羨ましいな~notesと思いながら家路に着いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ショック・・・。

昨日、実家の犬(シャラ)の狂犬病とフィラリアの薬を貰いに行きつけの動物病院に行った。

シャラは病院が大嫌い。

入るや否や、クンクンと泣き声がうるさい。

まだ診察していないのに・・・。

予約をしていたので、すぐに名前を呼ばれた。

診察台に乗せられ体重を量ると、「16、5キロ・・・」去年より2キロ体重が増えていた!

シャラは今年で11歳。そろそろ食事も気をつけてくださいといわれてしまった。

そして内診をしてくれると、「あれ?このポツポツは前に言われました?」

と言われ、?何のこと?と思い、「いえ?何も聞いてませんけれど?」と答えた。

すると、「おっぱいの回りにたくさんしこりがあるんですよ・・・。」と言う。

「今院長先生を呼んできますね。」と席を立たれた。

すぐに院長先生がやってきて触診すると、

「う~ん、これは乳腺のまわりにたくさんしこりがあるね~。手術で切ってとらないと良性か悪性かはわからないけど、どうします?」と突然の悪い知らせに唖然としてしまった。

シャラに腫瘍?目の前が真っ暗になった。

ただ狂犬病の注射に来ただけなのに、しこりを見つけられるなんて!

詳しく聞くと、針を入れて検査するのはあるけれど、正確にはわからないそうで、やはり切って検査しなければ良性か悪性かはきちんと判断できない。しかし、その前にレントゲン検査をして、肺に転移があった場合は手術は出来ない」という。

転移・・・。嫌な言葉・・・。

手術して入院は1週間程度で、費用は検査代と、一緒に避妊手術もやったほうが良いといわれ、(年齢だけに子宮の病気もなりやすくなるので)、合計20万程度は見なくてはいけなくなった。

「そのまま何もしないというのも手ですけどね」と言われたが、

家族同然のシャラを見捨てるわけにはいかない。

20万・・・どうしよう・・・。

うちの親は年金暮らしでいっぱいいっぱいで暮しているのは知っている。

病院に行く前に、暮らしが厳しいという話を聞いていたのでとうてい払える金額ではないだろう。

実家に帰って、とりあえず親に話し、お金の面は旦那ちゃんと相談してみるといい、家に帰った。

こんな日に限って旦那ちゃんは遅かった。

なんだかショックで食欲がわかず、夕飯はMちゃんだけ食べさせ、お風呂にいれ、そのまま寝かしつけた。

10時ころにやっぱり母乳が出なくなると困るから無理やり食べたら吐きそうになった。

11時頃やっと旦那ちゃん帰宅。

ご飯を食べてるときに悪いんだけど・・・と話を切り出した。

すると「いいよ出しても。しょうがないもんね」とあっさり認めてくれた。

旦那ちゃんにとってもシャラは可愛い。

そんな旦那ちゃんにとても感謝した。

今日朝一で実家に電話し、「お金は大丈夫だよ」と安心させた。

あとは来週の検査で転移していない事を祈るのみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コストコ

先週、入間に新しく出来たコストコに行ってきた。

コストコは完全会員制のお店だが、以前、姉がコストコ会員だったため、何回か一緒に行った事があった。

今回は自ら会員になった。

個人会員の年会費は4,200円で少々高かったが、

紹介割引を使って、1,000円クーポン券をもらい、差し引き3,200円になった。

3、200円分の元を取る自信はないが、とりあえずは会員になれて気分がよい。

晴れて会員になり、堂々と中へ入る。

すると、大きなカートで皆、大量買いしている光景が目に入った。

旦那ちゃんはそれを見て、「なんでみんな大きなみたいなの入れてるんだ?」と

私に言ってきた。

「額?なんだそれ?」とよく見ると、それは特大のピザだった。

初めて入る旦那ちゃんにとって、見たことのないお化け商品に、笑いながら驚いていた。

とにかくこの店の商品はビッグサイズばかり。

うちのような小家族にはあまりの特大さに得をしたような感覚には陥らないのだが、

とにかく見ているだけで面白い。

結局、うちが買ったものは、コストコで有名なトイレットペーパーに1キロもあるウインナー(賞味期限までに食べれるか心配・・・。)、旦那ちゃんが喜んだ特大ベビスターラーメン、そして姉に頼まれたダウニーに36個も入ったパン。以上。

支払い後、仕上げにジャンクフードが売っている休憩所のようなところで、

80円のジュース(飲み放題!安い!)を一つ買い、二人でお代わりしながらたらふく飲んだ。(一つってセコイ・・・?)

コストコは我が家にとってアトラクション感覚のようなもの。

今後、買いに行くというより、遊びに行くと言ったほうが正解かもしれない。

Photo

←枕大の大きさ

中に30袋もある^^;

Photo_4

                    4~5ヶ月ほどはもつ

                          トイレットペーパ-                      

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »