« 小学校のお友達 | トップページ | 退院しました。 »

今日は大変だった

今日、実家の愛犬「シャラdog」が乳腺種の手術をした。

父が朝シャラを病院に預けて仕事に行き、あとから私も病院へ行き、

私が同意書にサインをし、詳しく手術の説明を聞いてきた。

同意書には手術中、不慮の事故にあった場合は責任を取りませんという内容のもの。

シャラは肝臓が弱いのでそのリスクは普通の犬に比べて大きかった。

本当はサインを拒みたかったが、サインをしなければ手術が出来ない。

渋々、先生を信頼して私の名前を書いた。

広範囲にわたりお腹を切って手術をするので、実家に一度戻り、手術をするであろう時間になると、気が気でなかった。

そして、手術を終えたら連絡をくれる事だったので、終わる時間頃には電話の近くで待機をしていた。

しかし予定の時間になっても、中々連絡が来なかったので、痺れを切らして自分から電話をしてみた。

するとすぐに院長先生に変わり、「今さっき終わったところですよ。無事手術は終わりました。」と嬉しい返事が返ってきた。

取った腫瘍はかなり大きかったらしく、これから病理検査で悪性か良性かを見るという。

あとは良性であることで安堵することが出来るのだが、とりあえず手術は無事終えることができ、ひとまず安心ができた。

50針も縫ったと言っていたが、シャラを思うと、本当に怖い思いをし、痛い思いをさせてしまったと胸が痛かった。

老いてくると、人間と同じで病気が多くなり、心配はもちろん、金銭的にも大変なのだとシャラを飼い初めてわかった。

飼うというのはその家の家族になるのだから、最期まで責任をもって可愛がってあげたい。

生涯私が飼った動物はシャラで終わりにしようと固く思えた。

|

« 小学校のお友達 | トップページ | 退院しました。 »

コメント

シャラちゃん、大変だったね。
私もペットがいるけれど、ペットというよりも家族なんだよね。
命を守るって大変なことだなって思うよ。
病理の結果が良性だといいね。早くよくなりますように・・・。

投稿: ポンタ | 2008年10月24日 (金) 23時28分

ポンタちゃんへ
ありがとう。
ホント動物っていうより家族だよ。
人間より寿命が短い分、この家の家族になって良かったと思える人生にしてあげたいな^^

投稿: まーちゃん | 2008年10月25日 (土) 14時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021466/24721566

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は大変だった:

« 小学校のお友達 | トップページ | 退院しました。 »