« ショック! | トップページ | チョット暗い話 »

心配の種

先日、私の母が、風呂場で転んで額を打ち、9針も縫う大怪我をしたbearing

犬が手術で50針も縫った矢先、母までが縫う怪我をしてしまった。

母が電話で「抜糸がいつで・・・」などと話をしてくるので、まったく何でシャラの真似をしているんだよと言いたくなった。

そんな状態なので、昨日、二人の具合の様子を見に行ってきた。

実家に行くには、まず最寄の電車までバスbusで向かう。

その日は考え事が多かったせいか、違う行き先のバスに乗ってしまった!wobbly

すぐ気がついたので、運転手さんに、「これ○○行きのバスではありませんよね?sweat01」と

聞くと、「じゃあすぐ次で降りて、そのバスに乗ってください。」と言われた。

そして次の停留所についたので、「もったいなかったなぁ・・・」と思いながらsuicaで料金を支払おうとすると、運転手さんはそのカードをあてる所に手を伏せて、

「料金はいいですよ。そのまま降りて下さい。これからは気をつけてねhappy01」とタダで下ろしてくれた。

「善い人だ~shine」とその運転手さんに深々とお礼をし、また次のバスを待った。

私までが、ぼ~っとしていたのでは、Mちゃんを抱っこしているので、絶対に怪我をしかねないと思い、それからは注意深く行く事にした。

お陰でかなりの時間のロスになって実家houseに着いた。

家には母が待っていて、「ごめんね~心配かけてcoldsweats01」とお岩さんのような顔をして

出迎えてくれた。

Mちゃん”ばぁば”の顔をみて最初は「誰だ?coldsweats02」とビックリした顔をし、”お婆ちゃん”と気づくのに少々時間がかかった。

シャラも私が来るなり、赤ちゃんのようなかすれた鳴き声で私に何かを訴えていたが、

痛さはあまり感じないようだった。

とりあえず、シャラの術後、母の怪我も、見るところ、何とか大事に至らないようで

安心して帰って来たdash

もう心配するのはゴメンだと、家に着いたときは虚脱感でいっぱいだったthink

|

« ショック! | トップページ | チョット暗い話 »

コメント

お母さんも大変だったね。
でもおうちで療養できるくらいの怪我で済んだのは不幸中の幸いかも。
うちの妹も子どもの頃にお風呂場で滑って大流血したことがあるんだけど、お風呂場って結構危ないんだよね。
シャラちゃんの手術、まーちゃんの銀歯、そしてお母さんの怪我と色々あって大変だったと思うけど、今度ゆっくりお茶でもしましょcafe

投稿: ポンタ | 2008年11月 8日 (土) 16時20分

ポンタちゃんへ
そうだね、不幸中の幸いだったかも^^;
うちの母って毎年11月になると、骨を折ったり、お腹に水がたまって入院したり、肝臓の副作用が出たりで何かしら決まってこの月にあるんだよね~sweat01
なので魔の11月とよんでますthink

そして銀歯今日治したよ~coldsweats01
歯は大事だね~。「これでホントに最後ですね」って助手の人に笑われちゃったsweat02

歯も治った事だし、今度美味しい物と一緒にお茶しようねup

投稿: まーちゃん | 2008年11月 8日 (土) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1021466/25117157

この記事へのトラックバック一覧です: 心配の種:

« ショック! | トップページ | チョット暗い話 »